recife // Portugal Wine, Organic, Natural | 鹿児島のポルトガルワイン専門ECショップ

recife // Portugal Wine, Organic, Natural | 鹿児島のポルトガルワイン専門ECショップ

Boina Douro Red 2018

作り手:Portugal boutique winery

タイプ:赤
産地:ポルトガル ドウロ
葡萄: トゥリガフランカ、ティンタアマレラ、ティンタカルバーロ、ティンタフランシスカ、ソウサン等のフィールドブレンド。
容量:750ml

ひとつの畑から採れたぶどうのみを使って醸造されたワインにおける、地域のテロワールの豊かさを表現

ぶどうは60年以上続くぶどう園より採取。一部の品種は、標高500mの北向きを持つ、片岩/花崗岩から変遷したエリアのもの。その他の品種は、バイソコルゴとシーマコルゴに位置するドウロ地区特有の片岩地質で標高250mの南と西の向きのぶどう園より採取。

20堡△房蠹Δ漾4袷棺梗、破砕しプレス。冷温にて2日マセレーション。適度な圧搾をし、エレガントでスムースなワインをつくるため温度管理されたステンレススチールタンクにて自然発酵。75%をステンレススチールタンクにて、25%を再利用フレンチオークにて熟成。


ルビー色。ストロベリーとワイルドレッドフルーツのニュアンスを持つ魅惑的なアロマ。口の中でバランスのよさが広く行き渡るとともに、鮮烈な酸味とシルキーなタンニンを感じる。
複雑味があり心地良い後味。

Portugal boutique winery
portugal boutique winery
同じ場所に3秒もとどまれない人。ワインプロデューサーであるヌノのイメージはまさにこれ。常に何かを探し、常に何かを求め、与え、吸収するそんな男です。

2017年にポルトガルブティックワイナリーは誕生しました。
ドウロ地方とTrás-os-MontesDOCの3つのサブ地域の1つ、Planalto Mirandesのポルトガル北部で混植畑や時に非常に珍しいブドウが存在する畑を探して、地元の忘れられそうな農家と未来的に意味のある関係を築きながら、ワインを生産しています。
これは、ポルトガルのワイン造りにおいて、忘れられたアロマとフレーバーの重要な遺産を救うことを目的とした戦略です。このように絶滅しそうな葡萄を「フィールドブレンド」で大切にします。
彼らは、さまざまな標高、太陽への方位、土壌の種類の葡萄を持つべく、地域の様々な小さな区画のブドウ畑からワイン造りを行います。
この方法でのみ、ワインの本質を高めることができると信じているからです。
彼らの哲学は「テロワール、ブドウ品種、そしてヴィンテージを完全に表現するワインを生産すること」です。このため、ワインへの人為的介入は最小限に抑えられます。

DOURO
DOURO
スペインとポルトガルの国境からポルトガルのポルトに流れる全長925kmの上流の川沿いに、段々畑となってぶどうが植えられており、夏は暑く、雨の少ない冬を持つこの地域には、Baixo Corgo、Cima Corgo、Douro Superiorのサブリージョンがあり、標高、土壌の違いから、幅広いテロワールを持っています。
かつてこの場所は、世界三大酒精強化ワインの一つ、ポートワインで有名な場所でしたが歴史ある混植畑も多く存在し、今は素晴らしいスティルワインを生み出す場所としても注目のワイン産地です。


20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています
ホームへ戻る
商品一覧を見る
ワイン産地から探す
種別から探す
お買い物のご案内
ホールセール
お問い合わせ
アカウント
Instagram
Facebook